スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶のソシラド展とにじいろガラス展に行ってきました。

私は月に2回、ガラス教室でフュージングを習っています。
フュージングとは、数枚の板ガラスをカットし、粒状ガラス(ナゲット)・パウダーガラス(フリット)・棒状ガラス(ストリンガー)のガラス等を組み合わせて、電気炉・レンジ専用窯で、およそ800度の高温で焼き付け、融合させるガラス工芸の技法のひとつです。

で、いつもガラス工芸に関するブログをいろいろ見ているのですが、陶器展とガラス展を今週から一週間開催するという情報を入手したので、今日、行ってきました。


陶器の出展者さんは、亞鳥舎さん
私が通っているガラス教室は陶芸教室も併設していて、生徒たちは器を作ったり、小物を作ったりしているのですが、亞鳥舎さんの作品は、オルゴールだったり笛だったりマラカスだったりと、私の陶芸の概念を覆すような作品が多く並んでいました。

「手に取って見てもイイですよ」
と言われたのでマラカスを振ったら、「カラカラ♪」と、とても軽くて柔らかい音がしました♪( ´▽`)
笛はさすがに吹けませんでしたが、低い音がするそうです。

一つ一つの作品が、とても愛嬌豊かな顔をしていて、どれもこれも凄く可愛くて、亞鳥舎さんの人柄の良さを表していました♪( ´▽`)


ガラスの出展者さんは2人いて、一人はmayringlassさん
mayringlassさんの作品は、毎回「はふぅ~♪(*´д`*)」とため息をついてしまう物ばかりで、どうしても実物が観たかったのです。
いやぁ~、実物を見て良かったです♪

ガラス作品も「手に取って見てもいいですよ」と言われたので、ベタベタ触ってきちゃいましたw( ̄▽ ̄)
おかげでどうやってガラスを融合させてたのか何となくわかりました。


もう一人のガラスの出展者さんはPOLAR BEAR GLASSさん
POLAR BEAR GLASSさんの作品は、色遣いがとっても凄いです。
私なんかでは想像もつかない色を組み合わせたりします。
落ち着いた、と言うか、ほんわかとした色合いをしています。

イメージって大事ですね。
色の勉強もちゃんとしなきゃなぁって、心底思いました。
今まで観た事がない色のガラスも使っていて、それが凄く気になりました。


展示会は大盛況で、画廊はお客様でいっぱいでした。
お客様に一つ一つ丁寧に説明をしてて、私はその横で聞き耳を立てていました(アヤシイw)

私の行動が、よっぽど怪しかったのでしょう。
「ガラスお好きなんですか?」
って声をかけられました。

この時、私は心の中で「ムキョー!!!」って悲鳴を上げ、心臓バクバク言ってましたw( ̄▽ ̄)

「あ・・・あぁぁ・・・私もガラスをやってまして・・・モニョモニュ」
と言ったら

「あぁ!ひょっとして、ともっちさんですか!?」


ぎゃぁぁぁぁ!!!
知られてる!知られてる!!知られてるぅ!!



頭の中がグルグルしてしまいましたw(´д`ι)

お客様が沢山いたので少ししかお話しできませんでしたが(と言うか、会話しないで帰るつもりだった)とても有意義な時間が過ごせました。

私のブログには画像はありませんが、それぞれのお名前にブログへのリンクが貼ってありますので、興味がある方は、ぜひ見てみて下さい。
3人とも、可愛くて素晴らしい作品ばかりですよ♪( ´▽`)

私ももっと頑張らなきゃなぁ。

  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ

【フュージング】1回目の焼きが終わりました。

私は月に2回、ガラス教室でフュージングを習っています。
フュージングとは、数枚の板ガラスをカットし、粒状ガラス(ナゲット)・パウダーガラス(フリット)・棒状ガラス(ストリンガー)のガラス等を組み合わせて、電気炉・レンジ専用窯で、およそ800度の高温で焼き付け、融合させるガラス工芸の技法のひとつです。

昨日、ガラス教室に行ったら、前回作ったお皿の1回目の焼きが終わってました。
2012年4月19日 サラダボウル

とろけ具合がイイ感じです(*´д`*)

ガラスのお皿を作る時は、まず1度焼いて、バラバラのガラス同志を融合させる必要があります。
そして融合させてから今度は型に入れてもう一度焼くのです。
2012年4月7日 ガラスボウル5

上手く焼けますように。


それともう一枚、葉っぱのお皿も1回目の焼きが終わってました。
2012年4月19日 葉っぱのお皿

長さが30cmくらいの大皿です。
型のサイズとガラスのサイズがちょっとギリギリすぎちゃって、上手くお皿の形になるか心配です(>д<)
ひょっとしたら、ただのガラスの板になってしまうかも(ノ∀`;)
まぁ、失敗も経験ですから、失敗してもイイんですけどね(負け惜しみw)


このお皿は、焼く前はこんな感じでした。
2012年2月18日 葉っぱのお皿

焼く前と焼いた後の違い、分かりますかね?


それともう一枚、一度目の焼きが終わってました。
2012年4月19日 青いお皿

ちょっと涼しげでキレイなんじゃなぁい?(o・∀・)b゙

この青いお皿は、以前紹介した、ピンクのお皿と対になってます。
これですね♪( ´▽`)
2011年12月15日 ピンクのお皿

ピンクとブルー、2枚並べたらカワイイかも♪(*´д`*)

焼き上がりが楽しみだなぁ♪( ´▽`)

  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ

何が出来るかな?

今日の杉並地区は、とってもイイ天気なのですが、青森や北海道は大雪らしいですね。
早く日本列島に、春が訪れますように。


私は月に2回、ガラス教室でフュージングを習っています。
フュージングとは、数枚の板ガラスをカットし、粒状ガラス(ナゲット)・パウダーガラス(フリット)・棒状ガラス(ストリンガー)のガラス等を組み合わせて、電気炉・レンジ専用窯で、およそ800度の高温で焼き付け、融合させるガラス工芸の技法のひとつです。


今回は、茶色っぽいオレンジっぽい色のクリアガラスをチョイス。
2012年4月7日 ガラスボウル1


ガラスカッターを使ってカット。
2012年4月7日 ガラスボウル2


次に使う道具はこれ。
2012年4月7日 ガラスボウル3


この道具を使うと・・・
2012年4月7日 ガラスボウル4
あら不思議。
円になりましたよ。
(要するに、コンパスですね)


この円に色んなガラスを乗せて、今回はこんな感じに仕上げましたよ。
2012年4月7日 ガラスボウル6
超シンプルです(〃 ̄ω ̄〃ゞ


これを、型に乗せて焼くのですが、今回チョイスした方はこれ。
2012年4月7日 ガラスボウル5
奥のカラフルなお皿はサンプルです。

ガラスのボウルになる予定ですが、上手く焼けるか毎回ドキドキ★なのです。
私はちょっと想像力とか発想力が貧困で(´д`ι)オレンジの線(?)模様(?)が、どんなふうに変化するのかも、想像できないでいます。
(それでも作っちゃうとこが私らしいっちゃ私らしいw)

毎回、出来上がってから
「ほほぅ!こんな風になったか!」
って思います。

まぁ、そこがフュージングの面白いトコでもあるんですけどね♪( ´▽`)

  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ

【フュージング】ハート型のお皿が出来るまで

昨日は、月2回のガラス教室の日でした。

昨年末から制作していたお皿が焼きあがっていたので、制作手順の画像と共に、今日はお送りしたいと思います。


2011年12月8日 ハート型のファイバーボード

まずは、「ファイバーボード」と呼ばれる木製のボードを、好きな形に削ります。
今回は、ハートの形に削りました。


次は、基本となるガラス選びですが、今回は白と赤の二色をチョイスしました。
2011年12月8日 2番目

この画像だと分かりにくいですが、赤のガラスにはラメが入っていて、光の当たる角度によって、キラキラ光ります♪( ´▽`)


ガラスカッターでガラスを切ります。
2011年12月8日 2.5番目



白いガラスも切りましたよ♪( ´▽`)
2011年12月8日 3番目



ニッパーやらペンチやらやすりやらを使って、形を整えます。
2011年12月8日 4番目



正方形を1つと半月を2つ切りました。
2011年12月8日 5番目

この3つを組み合わせると・・・


2011年12月8日 6番目

ハートの形になりました♪( ´▽`)


2011年12月15日 ハートのお皿

パーツを組み合わせて、どんなお皿にしようか模索中。


2011年12月15日 ハートのお皿2

あーでもな、こーでもないと、悩んでます。


2012年1月26日 ハートのお皿

白いガラスを、ガラスカッターでハートの形に切りました。
このハートを、電動やすりなどを使って形を整えます。
最初、ファイバーボードは1つだったのですが、深皿にしようと思い立って、急遽もう一つ重ねました。


2012年3月14日 ハートのお皿

赤いガラスのハートを2つ、白いガラスに乗せて一度焼き、今度は型に乗せて2度焼します。
上手くいきますように~(´ー`~)ナムナム


ナムナム ナムナム


チーン!!


完成~♪ヽ(゚∀゚)ノ
2012年3月22日ハートの皿

出来上がり想像図が、全くと言っていいほど予測できなくて、もう勘と経験を頼りに作ってみましたが、何とか形になって一安心です(*´д`*)

ちょっと形がいびつな部分もありますが、まぁ、そこはご愛嬌( ̄▽ ̄)

はてさて。
このお皿が活躍する日は、果たしてやってくるのか!?
こうご期待!!

  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ

ガラスのバスケット

今日は久しぶりにぽかぽかイイ天気♪( ´▽`)
ボ~っとしてるとなんだか眠くなります。
親戚のおばさんは、目が真っ赤で涙が止まらなくて大変そうだったけど。


今日はお店がお休みだったので、ガラスのお話。
2年ほど前に作ったガラスのバスケットです。
173590838.jpg
薄い水色のガラスと乳白色のガラスを1cm×30cmに切って、並べて焼きました。

焼く前は、こんな感じでした。
162812416.jpg
画像だとちょっと暗くて分かりにくいかもしれませんが、きれいな水色で、結構お気に入りです♪( ´▽`)

バスケットなので、穴がぽこぽこ開いていて、どんな使い道があるのだろう?って感じですが、我が家では、フルーツバスケットに使っています。
500924937.jpg
あとは、小袋入りのお菓子を乗せたり。

細長く切ったガラスを等間隔に並べただけの単純なバスケットなのに、組み合わせ次第では全く違う物が出来そうです(o・∀・)b゙

もっともっと、色んな物を作りたいなぁ~♪

  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ

アルミを使ったガラスのお皿

私は3年半ほど前から、月に2回、フュージングのガラス教室に通っています。

 フュージング(Fusing)は、ガラス工芸の技術の一種。

 数枚の板ガラスをカットし、粒状ガラス(ナゲット)・パウダーガラス(フリット)・棒状ガラス(ストリンガー)のガラス等を組み合わせて、電気炉・レンジ専用窯で、およそ800度の高温で焼き付け、融合させるガラス工芸の技法のひとつ。
 ~ウィキペディアより~



私は主にお皿を作っているのですが、すべて1点物で、同じデザインで作っても、同じ物が出来ないところが、フュージングの魅力だと思ってます♪( ´▽`)


このお皿は去年作った物ですが、お気に入りの作品の一つです。281363605.jpg
大きさは約15cm×15cmくらいです。

横から見るとこんな感じです。
281363964.jpg
四隅が少しカーブになっているのがわかりますか?

このお皿、焼く前はこんな感じでした。
247258272.jpg
緑のガラス板と白のガラス板を組み合わせ、その上に透明のガラス板を乗せて焼いています。
左上の三日月は、アルミで作りました。
焼く前のアルミは金色っぽいのですが、焼くと赤色に変色するのですよ。


早速、ジャンボシュークリームを乗せてみました( ̄▽ ̄)
468055878.jpg

もう一つのお皿にも♪
468056175.jpg
また色違いで作っちゃおうかな~♪(*´д`*)

  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ

趣味のお話

今日は、久しぶりにイイお天気でしたね♪^^
私はとても嬉しかったのですが、花粉症のお友達には、とてもツライ一日だったみたいです。
花粉症の人は、この時期は本当に大変ですよね。><
寒い冬が終わって、やっとぽかぽかで柔らかい日差しの春になるって言うのに、その春を満喫できないのが、本当にツラそうです。
私もいつかは花粉症になっちゃうのかな・・・


今日はお店がお休みだったので、いつもとは趣向を変えて、趣味のお話です。

私は、ガラス細工の教室に、月2回通ってます。
今年で4年目になるのかな?

4年経っても、相変わらずのヘッポコです。

ガラス教室では何をやっているのかというと、『フュージング』という技法を使って、主にガラスのお皿を作っています。

 フュージング(Fusing)は、ガラス工芸の技術の一種。

 数枚の板ガラスをカットし、粒状ガラス(ナゲット)・パウダーガラス(フリット)・棒状ガラス(ストリンガー)のガラス等を組み合わせて、電気炉・レンジ専用窯で、およそ800度の高温で焼き付け、融合させるガラス工芸の技法のひとつ。

 また、どんなガラスでも良いと言う訳ではなく、ガラスには膨張率があり、膨張率が合ってない焼き付けをすると、融合途中や冷却中に、中には1年後などに割れてしまう事も有り使用ガラスの選択には注意が必要である。

 制作する作品は全て一点物であり、同じデザインの作品を作っても焼き上がり状態から全く同じ作品が出来る事はない。

 現在フュージング作家は、世界でも少人数である。

フュージングガラス~ウィキペディアより~



最近作った中でのお気に入りはこれです。
2011年12月15日 ピンクのお皿
白地のガラスをメインに、ピンクのガラスとクリーム色のガラスを合わせて模様を作ってます。


このお皿にお料理を盛ると、こんな感じになります。
もやしときゅうりの梅肉和え
もやしときゅうりの梅肉和えです。
サッパリしてて、美味しいんですよ♪^^

このお皿は、副菜を盛るお皿が欲しくて作ったのですが、なかなかいい感じに仕上がりました。^^
使い勝手もいいので、いつか色違いも作ってみようと思ってます。

世界に一つしかない、自分だけのお皿で、自分の作ったお料理を食べるのは、格別に美味しいんですよ♪^^


明日の日替わり幕の内弁当は、鱈のキノコあんかけの予定です。
ご来店、お待ちしております♪


  にほんブログ村 ハンドメイドブログ ガラス細工へ
ともっちは、こんな人

ともっち

Author:ともっち
今年の目標
とりあえず、生き延びる。
愛のあるちゅー♪がしたい。
テーマは引き続き『エロカワイイ♪』

カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のTバック
ブログ内検索
RSSリンク
カレンダー
ともっちのお友達です♪
ともっちのお友達です♪
  • このブログをリンクに追加する
  • ともっちのオススメ!?
    あなたは何人目?
    バーナー
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    独身・フリー
    325位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    独身生活
    184位
    アクセスランキングを見る>>
    管理者ページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。