スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初恋は檸檬味

初めての揃いの制服照れくさくわざと着崩してみる女学生


先日、行きつけの古本屋で本を物色していたら、懐かしい本を発見。
その名も、俵万智さんの『サラダ記念日』

この本には、ちょっとした思い出がある。

今から20年程前。
そう、ちょうど『サラダ記念日』が話題になってた頃。
当時中学生だった私が、その時にお付き合いしていた殿方から貰った本が、『サラダ記念日』

誕生日だったかクリスマスだったかは忘れたけど。

中学生の男の子が、どんな気持ちでこの本を選んでくれたのか、どんな気持ちで買ったのか、どんな気持ちで私にプレゼントしてくれたのか、想像しただけで、ちょっとドキドキ♪じゃない?

純情少女だった当時の私は、早速『サラダ記念日』を読んでみた。


・・・・・・


さっぱり意味がわからない・・・

どこかオモシロイの・・・?


当時の彼には申し訳ないが、『サラダ記念日』は本棚にしまわれ、そのまま忘れ去られてしまった。


ご存知の通り、私は文学少女ではない。
当時の彼も、文学少年ではなかった。

何でプレゼントが『サラダ記念日』だったんだろう?

20年経った今でも不思議だ・・・


まぁ、そんな思い出のある『サラダ記念日』が、今、私の目の前にある。
私はそれを手に取り、パラパラとページをめくった。


・・・・・・


オモシロイじゃないか!!


純情少女だった中学生の私。
大人の世界は、まだ理解出来なかったのかもしれない。


私が貰った、あの本はどうしたっけ・・・?

あぁ!
親戚の子にあげたんだった!
思い出した、思い出した。


『淡い初恋の思い出を人にあげちゃうなんて、私ってば随分と薄情な人よね♪ウフフ』


不気味な笑みを浮かべながら、私は『サラダ記念日』を持って、レジへと向かった。


家に帰って早速読んでみる。

『サラダ記念日』と言えば、恋の詩が有名だけれど、私はそれよりも、『橋本高校』って項が気に入った。

俵万智が教員として働いていた、橋本高校。

私の先生たちも、当時の私たちをこんな風に見てたのかなって思ったら、何だか嬉しくなって、くすぐったくなった。
先生も、一人の人間なんだな。って思った。

一通り読み終わって、淡い初恋に胸がいっぱいになって、心がほくほく♪してきて、何だか幸せで、それでいて切なくて・・・



ふと、本棚を見た。

そこには、もう1冊の『サラダ記念日』・・・


オチ見えたね・・・


サラダ記念日サラダ記念日
(1988/02)
俵 万智

商品詳細を見る
恋の詩が有名だけれど、私は『橋本高校』の項がグッと来た。
自分の高校時代、当時の先生たちの顔が頭に浮かび、くすぐったいような、照れくさいような気持ちになってしまった。
私も、そんな詩が詠めたらいいな。



 
 クリック、ありがとうございます。ペコッ
スポンサーサイト

テーマ : 本とつれづれ
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

Secret

私も「サラダ記念日」持ってるよ。あれは中学生には難しいよね~。
で、浅井慎平とのコラボの本も2冊持ってる(タイトル忘れた)。
私に短歌を詠める感性はなく、
どうしても昔から目指してきたノン・フィクション系の文章になっちゃうんだよねぇ……。
ともっちは才能があるよ。ブログも短歌も。

「サラダ記念日」懐かしい(笑)
当時、私もよんだけど、ぜんぜん面白さがわからなかったよ~
そっか、大人になるとわかるんだね♪
しかも、彼との思い出があるなんて、ステキですね☆

絶妙なオチ

上手いですね!
サラダ記念日は、「今日はともっちさんの記念日だね☆」という意味なんですかね?単純??(笑)
久々に読みたくなっちゃったな、俵万智。

ともっちさん、おはようございます。
以前も同じような気持ちになって、本屋へ行ったのかなぁ~。
良い思い出って何度も同じ妄想が、繰り返されるのかもしれませんね。
ともっちファイト♪(o ̄∇ ̄)/

おぉ!甘く切ない青春の思い出ですねっ!
いいですねぇ~!
制服姿のともっちさん、きっと可愛かったでしょうね。

私の青春の思い出は、フォークソングと太田裕美ですよ。
(自称ハタチが、歳バレバレ・・・)

レモン味か
なんて読むのかと思った
檸檬~いい字

サラダ記念日読んだことないんです。
きっとおもしろい内容なんでしょうね。
日々のなんでもないことや、心に残ったことを歌にできたらステキでしょうね。
昔の人々は歌を読んで楽しんだなんてロマンティックだわぁ。
ぽち3。

あり?

こんにちは。

ドリームです。

あげたはずの本が
あったんですか?

僕も文学少年ではなかったので、
サラダ記念日は
読んでません。

もちろん今でも。

そんなに、
おもしろいんですか?

機会があったら、
読んでみたいと思います。

では、
また寄らせていただきますね。

人気があった歌集・・・・なの!

発表当事は、かなり話題になったようですね。しかし、280万部もうれているなんて、すごいねぇ!

私も、タイトルだけは聞いたことはありましたが。中身が短歌だとは知らなかったね。

俵自身のサイトには、こんなものがあるよ!

俵万智の自選百首
http://www.gtpweb.net/twr/sakuhin.htm

作品の多くが、サラダ記念日から選んであるようですが。
日常の何気ない会話の一片を切り取ったって感じですねぇ。
そこに男女の機微があるのでしょうか。

学生と大人の自分、解る物と・・判らない処。
陽よりも、陰の部分の本当の意味を知って成長して行く。
それが<お・と・な>、という生き物ですか!

ってやっちゃいましたか!
ってことより今更サラダ記念日ですか?
おもしろいんですか?
買ってみよかな?
って嘘。

中学生で「サラダ記念日」ですか。
それはちょっと早い感じはしますね(笑)。
彼はともっちさんにちょっと良い格好したかったんでしょうね(笑)。
まあ、男のつまらない見栄ってヤツですね。
ちょっと彼の気持ちも分かります。

本をプレゼントするって言うのもなかなか味がありますねぇ♪
ちなみに俺は一度もございません(^_^;)

サラダ記念日!確かに昔話題になって良くマスコミなどでも取り上げられてましたよね!
あの当時はあまり本を読んでいなかったなぁ…
読んでいれば、こんな内容の本だったなぁって思いだせるんですけどねぇ…

ええ~~と、中学生+20年=?は、永遠の美少女ということでOKでしょうか!?笑い^^!

すみませんね~!関西に住んで28年、何となく関西に染まってしまって!観点が違いまして!笑い^^!

”サラダ記念日”ありましたね!恋愛に本は向きませんね。失敗する元ですね!笑い^^!酔いどれ吟遊詩人談!大笑い^^!

ちなみに、”ハ~レクイン~ロマンス”とかは、どのような感想をおもちだったのか、興味があります。笑い^^!

本当に、48歳の年頃の青年で申し訳ないっす。笑い^^!

お邪魔致しました!

「このキミのお母さんが作ってくれたサラダ美味しいね」

と彼が言ったから今日はサラダ記念日。

難しいね

>私も「サラダ記念日」持ってるよ。あれは中学生には難しいよね~。

てか、大人の恋愛がわかる中学生がいたら怖いよね。

>で、浅井慎平とのコラボの本も2冊持ってる(タイトル忘れた)。

おそらく『取れたての短歌です。』と『もうひとつの恋』ではないかね?
私はれいなには、『愛する源氏物語』をオススメするよ。
短歌の本だけど、源氏物語が好きなれいななら、私と違う感想を持つと思うな。

>私に短歌を詠める感性はなく、
>どうしても昔から目指してきたノン・フィクション系の文章になっちゃうんだよねぇ……。

私は昔から、本を読むのがあまり得意ではなかったから、自分が読めるような書き方になっちゃうんだよね・・・

>ともっちは才能があるよ。ブログも短歌も。

ありがと♪
でもホントは、行間や文字色に惑わされない文章が書きたいんだよね。
短歌も、最近はあまり浮かばないんだよね。
賢くなった証拠かね?(笑)

うふ♪

>「サラダ記念日」懐かしい(笑)
>当時、私もよんだけど、ぜんぜん面白さがわからなかったよ~
>そっか、大人になるとわかるんだね♪

やっぱり中学生よりも今の方が、知識も経験も豊富だからね(多分)
中学生みたいな狭い世界に生きていたら、俵万智の世界は理解できないよ。
だからと言って、私も未だに理解は出来ないけどね。
でも、オモシロさはわかるようになったよ。

>しかも、彼との思い出があるなんて、ステキですね☆

今頃は、カワイイ嫁さんと子供がいるんだろうなぁ・・・シミジミ

なるほど!

>絶妙なオチ
>上手いですね!

そぉ?
私のドジっぷりが伺えるでしょ?(苦笑)

>サラダ記念日は、「今日はともっちさんの記念日だね☆」という意味なんですかね?単純??(笑)

なるほど!
そーゆー意味だったのか!!
でも、そこまで頭がイイ人じゃ、なかったような気がする・・・

>久々に読みたくなっちゃったな、俵万智。

どこかで見つけたら、是非読んでみて下さいな。
立ち読み程度でも、心に響く歌が、何首かあると思いますよ。

あ・・・

>以前も同じような気持ちになって、本屋へ行ったのかなぁ~。

これね、わかりにくかったと思うけど、てか、私の書き方が悪かったんだけど、
【親せきの子にあげたと思ってたら実はあげてなくて、本棚にあの時の『サラダ記念日』があったよ】
ってオチなの・・・(汗)

>良い思い出って何度も同じ妄想が、繰り返されるのかもしれませんね。
>ともっちファイト♪(o ̄∇ ̄)/

物や音楽でその時の恋愛が思い出されるって事があるよね。
私は、ドリカムの『The Swinging Star』ってアルバムを聴くと、ちょっぴり涙がちょちょ切れちゃうよ。
この話も、また書いてみようかな。

木綿のハンカチーフ

>おぉ!甘く切ない青春の思い出ですねっ!
>いいですねぇ~!

ふふ♪
私だって恋愛の一つや二つ、ちゃんと経験してるんですよ♪ってトコを、この辺でちゃんとアピールしなきゃ!って思いましてね(苦笑)

>制服姿のともっちさん、きっと可愛かったでしょうね。

いやぁ・・・
私って全然モテない人でね、当時の彼はみんなに
『何でともっち!?』
って言われてね・・・
かわいそうでしたよ・・・(泣)

>私の青春の思い出は、フォークソングと太田裕美ですよ。
>(自称ハタチが、歳バレバレ・・・)

フォークソングって、詞がストレートでイイですよね。
最近の歌よりも、心に響く物があります。
太田裕美の『木綿のハンカチーフ』は、4年前の恋愛と被る所があって、ちょっとセンチメンタルになっちゃいます。

漢字

>レモン味か
>なんて読むのかと思った

うん。
あんまり見かけない字だから読めないよね。
林檎よりも難しいよね。

>檸檬~いい字

漢字で書くと、イメージが変わるよね。
カタカナ表記よりもしっくり来るかなぁって漢字表記にして見ました。
読みにくい字は、なるべく使わないようにしてるんだけどね。

オモシロイですよ

>サラダ記念日読んだことないんです。
>きっとおもしろい内容なんでしょうね。

オモシロイ内容ですけど、『あはは♪』って笑ってしまうオモシロさではないですよ。
(それくらいわかるか・・・)
大人の恋愛の『ほろ苦さ』と云うか、『せつなさ』が、凄くオモシロイです。

えんたさんが、リンクを貼ってくれました。
http://www.gtpweb.net/twr/sakuhin.htm

>日々のなんでもないことや、心に残ったことを歌にできたらステキでしょうね。

俵万智さん曰く
『心の筋肉を柔らかくする事が大切』
って言ってましたよ。
姫ママさんも、詠んでみたらいかがですか?

>昔の人々は歌を読んで楽しんだなんてロマンティックだわぁ。

ですよね。
歌でなら、キザなセリフも醜い嫉妬心も、ロマンティックに感じることが出来るからかな?

ちょっと違うかな

>あげたはずの本が
>あったんですか?

いえ。
あげたと思ったら、実はあげてなかったんです。

>僕も文学少年ではなかったので、
>サラダ記念日は
>読んでません。
>もちろん今でも。

男の人で読んでる人は少ないだろうなぁって思いますよ。
最近では、中学校の国語の教科書にも載っているそうです。

>そんなに、
>おもしろいんですか?

男の人が感じるオモシロさは、多分違うでしょうね。
女の本性が覗けて、オモシロイと云うよりかは怖い印象を受けるかもです。

えんたさんが、リンクを貼ってくれました。
http://www.gtpweb.net/twr/sakuhin.htm

>機会があったら、
>読んでみたいと思います。

今でも本屋さんでも売ってますし、ブックオフにも売ってるので、立ち読みしてみてはいかがでしょう。
ちょっぴりドキッ★っとするカモしれませんよ(笑)

異例の快挙です。

>発表当事は、かなり話題になったようですね。
>しかし、280万部もうれているなんて、すごいねぇ!

歌集のほとんどは、自費出版なんだそうです。
それなのに『サラダ記念日』は、ちゃんとした出版物なんです。
売れると云う確信があったんでしょうね。

>私も、タイトルだけは聞いたことはありましたが。中身が短歌だとは知らなかったね。

確かに、当時興味がある人じゃないと知らないと思います。
私もプレゼントされなかったら、未だに知らなかったかもしれません。

>俵自身のサイトには、こんなものがあるよ!

ありがとうございます。
楽しく読ませていただきました。
俵万智は、この歌がお気に入りなのかぁと、再発見です。

>日常の何気ない会話の一片を切り取ったって感じですねぇ。
>そこに男女の機微があるのでしょうか。

そうそう。
それが短歌のオモシロさです。
いかにオモシロく感慨深く日常の微妙な感動を表現できるか、それが短歌のオモシロさなんですよ。

私も、そーゆー短歌が詠みたいなぁ・・・

>学生と大人の自分、解る物と・・判らない処。
>陽よりも、陰の部分の本当の意味を知って成長して行く。
>それが<お・と・な>、という生き物ですか!

ですね。
そう考えると、大人ってとっても楽しい生き物ですね。
でも、子供の心も、忘れないで生きたいですね。

やっちゃいました

>ってやっちゃいましたか!

我が家には、同じ本が2冊あるのが、何種類かありますよ。
マンガの続きとかって、何巻まで買ったかわからなくなりません?

>ってことより今更サラダ記念日ですか?
>おもしろいんですか?

オモシロイですよ。
男の人にとってはホラーかもしれないけれどね(苦笑)

>買ってみよかな?
>って嘘。

うん。
多分ミナトさんは、買わないと思う(笑)
まぁ、どこかで見かけたら、私を思い出してくださいな。

早いですよね

>中学生で「サラダ記念日」ですか。
>それはちょっと早い感じはしますね(笑)。

ですよね。
でも最近では、中学校の国語の教科書に載ってるらしいですよ。
教材として読むのと、趣味として読むのとでは、また違うんでしょうけど。

>彼はともっちさんにちょっと良い格好したかったんでしょうね(笑)。
>まあ、男のつまらない見栄ってヤツですね。
>ちょっと彼の気持ちも分かります。

ふふ♪
男と云うものは、格好つけないと生きていけない生き物ですからね♪

プレゼント

>本をプレゼントするって言うのもなかなか味がありますねぇ♪
>ちなみに俺は一度もございません(^_^;)

本のプレゼントって難しいですよね。
私は絵本ならプレゼントした事あるけど。

>サラダ記念日!確かに昔話題になって良くマスコミなどでも取り上げられてましたよね!
>あの当時はあまり本を読んでいなかったなぁ…

20年前の、しかも歌集ですからね。
子供はあまり、手を出さない物なんじゃないかな。

>読んでいれば、こんな内容の本だったなぁって思いだせるんですけどねぇ…

えんたさんが、リンクを貼ってくれましたよ。
http://www.gtpweb.net/twr/sakuhin.htm
もし、興味があるようでしたらどうぞ。
気軽に読めるとは思いますよ。

永遠の乙女ですよ♪

>ええ~~と、中学生+20年=?は、永遠の美少女ということでOKでしょうか!?笑い^^!

永遠の乙女なんですよ♪キュピ

>”サラダ記念日”ありましたね!恋愛に本は向きませんね。失敗する元ですね!笑い^^!酔いどれ吟遊詩人談!大笑い^^!

多分、当時話題になっていたから彼も選んだんでしょうね。
ただ、中学生には少し早すぎたようです。

>ちなみに、”ハ~レクイン~ロマンス”とかは、どのような感想をおもちだったのか、興味があります。笑い^^!

実は私、文字ばかりの本はあまり読まないんです・・・
脳内で漫画に変換しながら読んでしまうので、どうしても時間が掛かってしまって、読むのに疲れちゃうんですよ・・・

>本当に、48歳の年頃の青年で申し訳ないっす。笑い^^!

いぇいぇ。
大人のご意見、ありがとうございます。ペコッ

おぉっ!

>「このキミのお母さんが作ってくれたサラダ美味しいね」
>と彼が言ったから今日はサラダ記念日。

凄い!
ちょっとカンドーしましたよ。

必ずや君をうんと唸らせるサラダを作るよ期待しててね

改作しますよ

【お揃いの服が妙に照れくさくわざと着崩してみる女学生】

よく考えれば、制服がお揃いなのは当たり前だった・・・
ともっちは、こんな人

ともっち

Author:ともっち
今年の目標
とりあえず、生き延びる。
愛のあるちゅー♪がしたい。
テーマは引き続き『エロカワイイ♪』

カテゴリー
最近の記事+コメント
最近のTバック
ブログ内検索
RSSリンク
カレンダー
ともっちのお友達です♪
ともっちのお友達です♪
  • このブログをリンクに追加する
  • ともっちのオススメ!?
    あなたは何人目?
    バーナー
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    独身・フリー
    259位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    独身生活
    159位
    アクセスランキングを見る>>
    管理者ページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。